既製品とオーダーメイド

印鑑イメージ

ハンコにもいろいろ種類がありますが、大きく二つに分けることができます。
大量生産の既製品とオーダーメイド品です。ハンコは用途によって実印や銀行印、認印などと名前が変わりますが、そもそものハンコ自体はこの二つに分けられます。

大量生産の既製品は代表的なものに100均でも買える三文判やスタンプタイプのシャチハタなどがあります。
よく回転式のタワーにずらっと並んで売られているあれです。世の中のだいたいの苗字があそこに並んでいますよね。

私はちょっと珍しい苗字だったので、よくあの中に自分の名前があるか探したものでした。
これらは大量生産ですので、全く同じハンコがいくつも存在します。よって、使用する時は注意が必要です。

三文判を銀行印にしてしまうと、もし仮に通帳を盗まれたりしたら同じハンコを購入してお金を引き出されてしまうかもしれません。
念のため三文判は銀行印には使用しない方がいいでしょう。

銀行印や実印など大事な印鑑はオーダーメイドのものが一般的です。
オーダーメイドですから素材、書体、サイズなど自分の好きなように作れます。お値段もピンからキリまで様々です。

素材には天然木や象牙、アクリル樹脂などいろいろあり最近ではチタン製のものも人気が高いようです。
書体では古印体、吉相体、古相体など様々あります。サイズは用途によってだいたい適した大きさがありますのでそれに合わせて作るのが良いでしょう。

使用目的によって既製品とオーダーメイド品をかしこく使い分けましょう。

ページの先頭へ