名前のみの印鑑

印鑑イメージ

日本では結婚すると多くの女性は苗字が変わりますよね。
それに伴って銀行、クレジットカード、保険、運転免許証、メンバー登録しているサイトやお店、いろんなところで名前変更の手続きをしなければなりません。

私も経験者ですが、これはとっても面倒くさい。
私は職場では新しい苗字で呼ばれることに違和感があって旧姓で通していましたが、旧姓のままだと通らない書類などもあって逆に手間がかかることもありました。

私自身は何も変わっていないのに苗字が変わるだけでこんなにも煩わしいことがあるとは、女性でちょっと損した気分です。
そして、ハンコも新しく作り直さなければいけません。

私はシャチハタと銀行印を1本ずつ作りました。(この旧姓のハンコはどうしたらいいのでしょうか・・・。)
このように苗字が変わってもハンコを作り直さなくても済むように、名のみでハンコを作ることができます。

名のみのハンコなんて公的に使えないだろうと思っていましたが、ちゃんと銀行印としても実印としても認められているのだそうです。
もっと早く知っていたら私も名のみで作るんでした。

名前のハンコは子供の時に使っていたおもちゃのハンコのイメージがあって、銀行などでは使えないものと思い込んでいました。
特に女性は名のみのハンコは便利ですね。

名前変更の手続きの手間は変わらずありますが、ハンコを新たに作ったり印鑑を登録し直したりする手間は省けます。
今後ハンコを作る予定のある人は名のみハンコも検討してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ