日常で使う印鑑

印鑑イメージ

この日本ではハンコ(印鑑)を使うことは極々普通のことです。何か契約書類に押したり、宅配便の受け取りで押印したりと日常的なことです。
何か書類を書いた時には印鑑を押すことが習慣づいていますよね。

むしろ書類に赤い印がないと、ハンコ(印鑑)押さなくていいのかと違和感を感じる時すらあります。
しかし、世界に目を向けてみると日本と同じようにハンコ(印鑑)を使っているのは中国くらいのようです。

中国は漢字文化ですから納得です。
欧米など海外ではもっぱらサインが主流です。

紙にサラサラッとサインする様子はなんだかカッコいい気がしますが、サインだけで安全面としてはどうなのでしょうか。
他人のサインに似せて書くこともできるし、人の目で見ただけでは違いがわからないかもしれません。

筆跡鑑定もありますが、多額のお金がかかるそうです。
一方でハンコ(印鑑)が安全かというと、このハンコ(印鑑)を押したのが本人であるかどうかは証明できません。

銀行でお金を引き出そうとしているのが盗んだハンコである可能性もあります。
しかしそれが利点になることもあります。

家族などに代理で押印を頼むことができます。
ハンコ文化もサイン文化もどちらかが絶対安全とは言えませし、どちらがいいとは言えません。

この文化は各々で尊重するべきものかもしれません。
日本でもサインだけで良いという場面も増えてきているとは思いますが、ハンコ文化が消滅することはないと思います。
ハンコ(印鑑)を押すのは手間がかかるし面倒だと思うけれど、ハンコ(印鑑)に愛着を感じてしまうのも日本人だと思います。

ページの先頭へ