印鑑の種類

印鑑イメージ

印鑑、印、はんこ、ハンコ、いろいろな名前で呼ばれますがこれらは同じものです。
しかし、この印鑑は用途によっていろいろな種類があり、印鑑そのものが同じでも呼ばれる名前が違ってきます。

この区別はっきりとおわかりでしょうか。
あやふやなまま使っている人も多いかと思います。

ここで整理してみましょう。

実印とは

市町村役場に印鑑登録をした印鑑のことです。

法律的な効力があるのでとても重要な印鑑と言えます。
公文書の作成、遺産相続、不動産取引、自動車登録などでこの実印を使用します。

自分の財産や権利を守る大切な印鑑ですから、認印などに使用することはおすすめできません。
印鑑登録は一人一本のみ認められています。
シャチハタでは登録できません。

銀行印とは

口座開設の際に本人の証明として金融機関に登録するもので、お金の出し入れに使用する印鑑です。
実印同様でシャチハタは認められません。

認印とは

宅配便や郵便の受け取りなどで使用するもので、日常で最も使用することが多い印鑑です。
実印や銀行印のようにどこかに登録するものではありませんが、押印すればその責任が生じます。

シャチハタや三文判は認印として使われることが多いです。

訂正印とは

書類の訂正の際に使用するものです。

訂正する文字に二本線を引き押印します。誰が訂正したものなのか明らかにします。

個人で使うものはこのくらいです。同じ印鑑でもこう名前が違っています。
社会人として恥ずかしくないよう覚えておきましょう。

ページの先頭へ